韓国除籍(戸籍)謄本及び基本・家族関係・婚姻関係証明書等の取り寄せや翻訳、相続、登録簿整理、帰化申請等に関する手続きで在日韓国人・朝鮮籍の皆様をサポート

MENU

よくあるご質問と答え(韓国の家族関係登録制度関連)

韓国の戸籍制度が2008年から大幅に変更になったと聞きましたが、具体的にはどのように変わったのでしょうか?
ご質問の通り、2007年まで運用されていた従来の韓国の戸籍制度は廃止され、2008年1月1日からは新しい「家族関係登録」の制度が運用されています。

大きな変更点としては、従来の「戸主」制が廃止された点、「家」というひとつの単位ごとに編製されていた「戸籍」という制度(及び帳簿)が廃止され、家族関係に関する情報を登録・管理するために「家族関係登録簿」という制度(及びデータベース)が導入された点等が挙げられるかと思います。
(※ただし、「家族関係登録簿」という旧来型の(紙ベース)の帳簿が存在するわけではなく、情報はすべて電子データ化され、「家族関係登録等電算情報処理組織(システム)」と呼ばれるコンピュータで管理・運用されています。)

まさに、100年に一度と言っても過言ではないほどの大きな制度の変革と言えるかと思います。

本サイトでは、皆様に少しでもわかりやすい情報をご提供すべく、「韓国の「新しい家族関係登録制度(※西暦2008年1月1日施行)の概要について」と題するコンテンツを掲載しています。

ぜひご一読いただき、その概要について把握していただければ幸いです。

→「韓国の「新しい家族関係登録制度(※西暦2008年1月1日施行)の概要について」を見る

無料電話相談を実施しています。 TEL 03-5285-7251 お気軽にお電話ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter

コンテンツ

PAGETOP
Copyright © 小杉国際行政法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.